高脂血症や鼻炎は症状が悪化する前に適切な治療を~リスクを回避~

自律神経失調症の治療

時間的余裕が大切

男性

自律神経失調症という病気は、現代社会を生きている人なら年齢性別に関わらず誰しも起こりうる病の1つです。人間の身体に通っている神経のうち大きく分けると体性と自律という神経系統に別れます。体性の方は主に痛みなど身体に対する何らかの感覚を脳に伝達したり脳からの指令を司る神経です。それに対して自分の意思決定が出来ない神経です。 さらに自律神経の中で交感、副交感と神経系統が分かれています。一対で働くそれらの神経のバランスが悪くなると心身が不調となるのが自律神経失調症の特徴です。1度かかると、完治するのには時間的余裕を見たほうが良いとされています。日常生活に支障をきたさない程度のものから重度の症状とそれぞれですが治療法としては整体や鍼灸、漢方薬などにも人気が集まっています。

身体上に様々な形で現れる

自律神経失調症は直接死に至る重大な病ではないとされていますが、身体的にも様々な形で現れます。ホルモンバランスのくずれによる更年期障害のような症状となる場合や、抜け毛、円形脱毛症になる場合もあります。自律神経失調症のメカニズムが解明されるまでは、頭髪脱毛症などは関連性が明らかではない時もありました。また、アレルギーに関しても自律神経が原因で起こるものも判断がつきにくいためアレルギーのみの治療に専念してしまう場合もありました。 現代では、多くの疾病の原因が自律神経失調症から起こることが明らかになってきたため、治療法も様々にあります。頭痛や吐き気、だるさ、胃腸障害など長期に渡り改善が見られない場合は、しっかりとした検査を受けることも必要です。